"> 軽自動車を売る時に用意しなければいけない書類

軽自動車を売る側が用意しなければならない書類は?

軽自動車を売るときに必要な書類というのは、言い換えれば名義変更に必要な書類ということです。

手続きは最寄の軽自動車検査協会で行いますが、必要な書類は次のとおりです。

①自動車検査証記入申請書~新・旧所有者の押印が必要

②自動車検査証~いわゆる車検証

③新使用者の住民票抄本~新使用者の住所を証する書面として必要

④自動車損害賠償責任保険証明書~自賠責加入を証明する書面

⑤軽自動車税申告書・自動車取得税申告書

必要な用紙類はすべて軽自動車検査協会でそろいます。


■売る側で名義変更手続きを行う場合

友人などへ軽自動車を売るにあたって、売る側で名義変更の手続きを行う場合は、上記の書類がすべて必要になります。

また新使用者の住民票が要り書類への押印も必要なので、軽自動車検査協会に出かける前に買う人の住民票、認印を預かるか、一緒に出かけるかして手続きを行う必要があります。

押印は実印でなくいわゆる三文判でOKですよ。

もちろん印鑑証明も必要ありません。


■中古車販売店など業者が名義変更を行う場合

車検証が車にあれば、業者が用意する「申請依頼書」に売り主の認印を押すことくらいで済んでしまいます。

手続きに必要な売り主の認印を預けると名義変更はスムーズにいきます。


■軽自動車は高く売ることを考える

必要書類のめどが立ったら、こんどは軽自動車をできるだけ高く売ることを考えましょう。

中古でも人気の軽自動車は値落ちが小さく高値が期待できますよ。

古い軽自動車でも、また走行距離が多少大きくても気にすることはありません。

複数社の査定額競争になる一括査定という無料サービスがありますので、積極的に利用してみましょう。

参考になるのはこちらのサイトです。⇒自動車の買取相場

無料一括査定は老舗大手の安心できるサービスがいいでしょう。 ズバット車買取比較


■自動車リサイクル券って何?

軽自動車を買い取る業者にリサイクル券を持ってきてくださいと言われることがあります。

リサイクル券というのは、簡単に言えばリサイクル法によるリサイクル料金が支払われていることを証明するものです。

リサイクル料金は最終的に車が解体されるときに掛かる費用です。

平成17年以降に車検を1度でも受けていれば必ずリサイクル券が出されているはずです。

リサイクル券の再発行はありませんが、次のサイトで検索結果をプリントアウトすれば、それでリサイクル券に代えることができます。

⇒ 自動車リサイクルシステム

このページの先頭へ