友人・知人に軽自動車を売るとき相場を確認してますか?

中古の軽自動車の売却事例をネットで調べていると、友人・知人などの個人へ売るケースがとても多いことに気付きます。

普通車に比べて名義変更が簡単だし値段も手頃だからでしょうか。

統計は取れないでしょうが、普通車と比べてかなり個人売買のケースが多いように感じます。

そこで気になって仕方ないのが、「売買価格はどうやって決められているんだろうか」という点です。

大きなお世話かもしれませんが、ネットの事例を見る限り、かなり相場からかけ離れた値段で売られている例が多いようなのです。

しかも売る側、買う側ともそれに気付いていないことがほとんどのようです。


■売る方は損に気付かず、買う方はありがたさに気付いていない

たとえば、買取専門店が20万円で買い取り、中古車販売店が業者オークションで30万円で落札し店頭で40万円で売る軽自動車があったとしましょう。

30万円-20万円=10万円は買取専門店のマージン、40万円-30万円=10万円は中古車販売店のマージンです。

この軽自動車を個人売買するときの理想の価格は30万円です。

30万円だと売り手は買取専門店に売るより10万円高く売ることができ、買い手の方は中古車販売店から買うより10万円安く買えるからです。

ところがこの軽自動車を15万円で個人売買したらどうなるでしょうか。

売る方は適正価格から見て15万円も損をし、買う方は逆に15万円も得をすることになります。

悲しいのは、30万円と言う相場が双方とも欠落しているため損をしたことも大いに得をしたことも自覚できないことです。

普通なら相場より15万円も安く譲ってやったら大感謝を受けるところですよね。


■個人売買の価格は相場を確認して決める

「親しい人だから得しなくてもいい」というのならそれはそれでいいでしょう。

でもお互い相場がわからないで価格を決めるといくら安くしてもそのあり難さがわかってもらえないことになってしまいます。

個人売買の価格を決めるときには、ぜひ無料査定などで相場を確認してください。

カーセンサー.net簡単ネット査定 なら業者の訪問査定無しに複数業者の概算査定額を知ることができるので、相場確認に最適ですよ。

それ以外にも相場を確認する方法は色々ありますので、こちらのサイトを参考にしてみてください。
 ⇒ 車買取の相場を調べる

くどいようですが、親しい人同士の売買だからこそ、お互いのために相場を調べて売るようにしましょう。


このページの先頭へ