下取りだと軽自動車の市場価値が評価されない

軽自動車は中古でも、というか中古だからこそ人気が高く高額査定が期待できる車種です。

普通車と違い、多少高くても維持費の安さなどの魅力で中古軽自動車は売れていくので、軽自動車は高額買取が期待できます。

このような人気車種を競争のないディーラー下取りに出すのは上手なやり方とは言えませんよね。

中古車が売れるので買取専門店も軽自動車を欲しがります。

欲しがる人の多い軽自動車はぜひ多くの買取店に競争してもらい高値をねらいたいものです。


■下取りは「競争が無い」だけではない

軽自動車だけの話ではありませんが、ネットを少し調べるだけで

「下取り価格が低かったので買取専門店に高く売却した」
「下取り価格にショックを受けたが一括査定で納得価格が得られた」

などの体験談、口コミを目にします。

「中古車を高く売りたいなら下取りは避ける」というのがほぼ定評のようになっています。

なぜこのように下取りは査定額が低いのでしょうか。

色々原因があるようですが、一番大きいのは、

「ディーラーは新車販売の専門店であり中古車の専門店ではない」

ということではないでしょうか。


■新車の専門店が中古車の専門店に中古車価格で勝てるはずがない

中古車を専門に扱う買取専門店は、業者オークションをメインに、輸出業者、解体業者など幅広い再販ネットワークを持ち、在庫を抱えることはありません。

一方新車ディーラーはどうかというと、自社の展示場か系列の中古車販売店の展示場くらいしか再販のルートがありません。

この展示販売というのがコストのかかる方法であることは容易に想像がつきますね。

広い展示場の土地代がかかりますし、人件費、在庫管理経費、すぐ売れないことによる車の減価経費などもかかります。

だからディーラーでは買取専門店よりマージンが大きくなければ中古車を引き取ることがむずかしいのです。


■よりによって軽自動車を下取りに出すのは止めよう

高く売りたいなら普通車でも下取りはお勧めできません。

ましてや人気の軽自動車なら絶対に下取りは避けるべきです。

新車をどうしても売りたいディーラーの担当者が、下取り額が不満なオーナーに対して買取専門店を紹介することも実際あるようですよ。

こんな話を聞いてどう思いますか。

ディーラー自身が価格では買取専門店に敵わないと認めているのです。

また、こんなディーラーはまだ良心的な方かもしれません。

下取りした車を買取り専門店に転売して利益を上げるという場合もあるようですから。

もしディーラーから「下取り査定価格=ゼロ」といわれているような軽自動車があったら、ぜひ無料一括査定を試してみてください。

下取り査定と買取査定の価格の違いがわかり、貴重な中古軽自動車を下取りに出すことがいかに損であるかがはっきりわかることでしょう。

お急ぎなら利用者サポートの充実しているこちらの一括査定が安心です。
ズバット車買取比較

中古車価格の高い軽自動車は下取りに出すと損をします。車買取店の査定で正当な評価を。
【無料】一括査定なら簡単な入力で複数の車買取店の査定を比較し最高額で売ることができます。

人気の一括見積りを使い易い順にご紹介。

■かんたん車査定ガイド
 入力は1分以内。申込み直後に取引実績に基づく概算価格がわかるのも便利です。
                   詳細はコチラ こちら かんたん車査定ガイド

■ズバット車買取比較
 全国の150社以上から厳選された最大10社に一括で査定依頼。入力も1分でOK。
                    詳細はコチラ こちら ズバット車買取比較

■カーセンサー.net簡単ネット査定
 中古車情報誌カーセンサーの運営する一括査定。メールでの回答が選べるのが特徴です。
              詳細はコチラ こちら カーセンサー.net簡単ネット査定

このページの先頭へ