" 軽自動車査定のポイント…傷やへこみ

自分で直せない傷やへこみは修理しない方がお得

車を高く売りたいと思っている人の中には、傷がついた車やへこみのある車は修理をしてから査定してもらった方がいいと思っている人も多いかもしれません。

しかし実際には軽自動車の傷やへこみを修理費をかけて直してから査定に出しても、修理代の方が高くついてしまうというケースが多いといわれています。

ですからもしも軽自動車に傷やへこみがあっても、自分で綺麗に直せないものならそのままの状態で査定に出すというのが正解です。

なぜそのようなことになるかというと、傷やへこみによる査定上のマイナス額は自社工場や委託工場で修理する場合の費用が基本になるので、思ったよりも大きい減額にならないからです。

たとえば自分で直せば5万円かかる修理も、買取り業者が業者価格で修理すれば2万円で済むため査定減は2万円程度になり、自分で修理しても修理費に見合う査定額増は期待できないのです。

自分で何とかできる小さい傷などはできるだけ綺麗にした方がいいでしょうが、修理工場に頼まなければできないような傷やへこみはそのままで査定に出すというのが正解です。

まあ、例外というのもないわけではないので、無料査定の機会があったら傷やへこみを見てもらい、直した方が査定が高くなるのかどうかを確認すればはっきりわかるかもしれません。

直した方が有利だというのであればそのあと修理して、また査定してもらっても遅くはないでしょう。

よほどのことでない限り、自分で直せない傷やへこみはそのままで査定してもらった方がお得だと覚えておきましょう。

このページの先頭へ