" 軽自動車査定のポイント…走行距離

標準的な走り方だったら走行距離は査定で気にしなくて良い

標準的な年間走行距離は普通乗用車で1万キロメートル、軽自動車で8千キロメートルとなっています。

査定ではこれを基準に実際の走行距離によってプラスしたりマイナスしたりすることになっています。

もちろん走行距離が少ないほうが評価が高くなり、走行距離が標準より多ければマイナス評価になるといわれています。

古くなって総走行距離が大きくなっても、年間8千キロ前後のペースの走行であれば年式に応じた査定額から走行距離による減額は行われないはずです。

今どきの軽自動車は10万キロどころか、メンテナンスさえきちんと行われていれば20万キロでも平気で走ります。

中古車販売店でも年とでもちょっと調べれば10万キロオーバーの軽自動車が結構な値段でたくさん販売されていますよ。

軽自動車は車体が普通車より軽いのでパーツにかかる負荷が小さく、普通車より長持ちするという人もいます。

年式相応に標準前後の年間走行距離を走っているような軽自動車の場合は、走行距離が査定額を左右することはほぼないと考えていいでしょう。

ただし、メーターを交換している経歴が残っている場合や、記録簿がなくなっているという場合には、走行距離がわからなくなっていますから事態は最悪です。

大幅なマイナス評価は避けられないでしょう。

中古の軽自動車を購入する時に特に注意したいポイントでもあります。

このページの先頭へ