" 軽自動車査定のポイント…取扱説明書

標準的な走り方だったら走行距離は査定で気にしなくて良い

軽自動車を高く売るポイントとして取扱説明書の有無が大きく影響してきます。

たとえば中古ゲームなどでもマニュアルがあるのとないのとでは大きく値段が違ってしまいますが、それと同じで車関係のマニュアルはできるだけそろっている方が高評価になるという訳です。

たとえば車本体にも取扱説明書というのがありますし、ほかにも記録簿や保証書といったものもあると思います。

軽自動車を高く売りたいと思っている人の場合には、保証書などの類もできるだけそろえるようにするといいでしょう。

すべての保証書類がそろっていないとなると、軽自動車の査定の際に評価に響くこともありますから、探して用意しておきたいものです。

また社外品のオーディオなどをそのままとりつけて付加価値のにしたいと思っている場合にはオーディオなどの取扱説明書も用意しておきましょう。

車に関する取扱説明書がある場合にはすべて用意しておくということが軽自動車を高く売る一つのポイントになります。

査定をする段階ですべて用意して揃えて持って行っていると査定をする際にも好印象になりますし、プラスの査定にしてもらえると思います。

軽自動車に関しては色々と整備をしたりしている割に、説明書などについてはきちんと用意ができなかったという人が意外と多いようです。

本当は車検証などと同じように車のグローブボックスに入れて、軽自動車と一体のものなんだという認識で保管しておくのが一番いいでしょう。

取扱説明書などの準備は早めに始めて査定の日までに揃えられるようにしましょう。

このページの先頭へ