" 軽自動車査定のポイント…車検残期間

車検の残期間が短くてもそのまま査定してもらうのが正解

車検残期間、つまり車検がどの位残っているかは軽自動車査定のポイントの一つです。

当然ですが、車検の残期間が長ければ長いほど査定ではプラス評価になります。

買取店の査定マニュアルには月単位で車検残期間による評価の基準が掲載されているといいます。

車検が残っていることによる車の価値というのはその車種によっても様々なようですが、大雑把な傾向としては小型車よりは大型車の方が車検残によって評価が高くなる度合いがおおきく、また、国産車よりも、輸入車、改造車の方が車検残による評価の度合いが大きくなるといわれています。

軽自動車の車検の残り期間が少ない場合には、車検を受けてから軽自動車を査定に出した方がいいと思っている人も中に入るかもしれませんが、実は車検を受けるのにわざわざお金を出してもそれに見合う査定額の増加は見込めないというのが現実です。

傷やへこみの修理と同じで、オーナーが車検を通すよりも買取業者が車検を通す方がはるかに少ない費用で済むからです。

買い取り業者にとっては業者価格で行う車検整備などたいした金額にはなりません。

ですからオーナーが高い金をかけて車検を通してもその金額がペイできる査定増にはならないのです。

車検切れの車は車検を取らずにそのまま査定・売却した方がいいというのと全く同じことです。

どんなに車検残期間が短くても査定の直前に車検を通すのは止めましょう。


このページの先頭へ